男女6人が交わった出会い系で募集のスワッピングパーティー

スワッピングパーティーは思い思いに快楽を求めつつ、時折相手を交換しながらフィット感の違う相手とのセックスを楽しむという贅沢な時間

男女6人が交わった出会い系で募集のスワッピングパーティー

そこに嫉妬の意識を加えることで、いつも以上に興奮する時間を作るのが魅力なのです!

そう気づくようになってから、今では出会い系サイトを利用してスワッピングの相手を探すのが楽しみになっています

今回は男女3人ずつの6人でのスワッピングパーティーに潜入。

そのうち1組は実際の夫婦、俺ともう一組はセフレの関係

こんな感じの参加者ですから、リアル夫婦をどうやって刺激するかが、楽しみを左右することは初めから理解していました。

俺と同じようにセフレを連れて参加した男性も同じ考えでいたようで、ホテルで顔を合わせて数分で、俺と協力して主催してくれたリアル夫婦の奥方を攻めることにwww

さすがに先制攻撃が旦那を刺激したようで、そこからは男女6人が入り乱れるようにセックスに明け暮れました

俺と一緒に参加したセフレも、最初は遠慮がちに男性との絡みをしていたのですが、途中からは人目も気にせずに潮吹きを連発するなど、自分の快楽を掘り下げることに喜びを感じていました

俺もいつものセフレとは違う雰囲気を感じつつ、ほかのメンバーに見せつけるように背面騎乗位で合体を披露。

参加者女性Aさん:「うわぁ~、おチンポがすっぽり入るところが見えてる!!」
参加者男性Bさん:「うちらもあの体位でやろうぜ!」
参加者男性Cさん:「ほら、あの結合部を舐めろよ!」
参加者女性Dさん:「はぁん、こんなに後ろから激しく入れられたら舐めれないよぉ」

といった、肉欲にまみれた男女が気ままにプレイを展開していたのです

俺は早漏なタイプなのですが、人に見られると寿命が延びるようで、参加した男性の中で一番遅く発射

何回発射したかわからなくなってしまうほど、夜通し行われたスワッピングパーティーは集まった男女の性欲を満たしていったのです。

出会い系で夫婦交換もしくはスワッピングの書き込みを見つけたなら、臆することなく参加するのが良いですよ!

自分のパートナーが犯される気分は、俺と同じように興奮する体験になるはずです!

今回は年齢層もまばらでしたが、どの女性も綺麗なスタイルで楽しめました。

参加するメンバーのステイタスを確認するのさえ怠らなければ、地雷を踏むことなく思い出深い時間が刻まれます。

リアル夫婦は俺たちが果てた後でも頑張ってもう1回セックスをしていましたww

最後はいつもの相手でお互いを確かめ合うのが、いつも以上に愛を感じるんだそうですよ

出会い系掲示板にあった夫婦交換希望に応募してみた結果

出会い系の掲示板を見てると、自分の常識では考えられない書き込みが見つかったりします。

こないだハッピーメールの掲示板で見た「夫婦交換希望」のタイトルで書かれていた投稿もその1つでした。

夫婦交換

相手はリアルな30代の夫婦で、夫婦交換セックスのパートナーを探しているよう。

俺:セフレと二人で伺うってのもありですか?」

夫婦:「全然構いませんよ!大歓迎です!スワッピングって、パートナー探しが大変で・・・」

俺:「でしょうね(汗)俺もメッセージを送る前に躊躇しましたもんww」

夫婦:「でも、お互いに楽しい時間を過ごしましょうね~♪」

そんなやり取りを行って、俺とセフレは待ち合わせとして提示されたホテルの一室を尋ねました。

そこは夫婦が良く利用している愛の巣らしく、これまでも出会い系で夫婦交換を行いながら、快楽を楽しんでいた様子。

4人で性生活についてを話しているうちに、相手の男性が俺のセフレにちょっかいを出し始めました。

何だか人のものを取られるような感覚が複雑でしたが、相手の女性が俺に近づき、男性に見せつけるように濃厚なキスをお見舞い!?

あっけにとられつつも舌を絡ませていくと、柔らかな巨乳が服の上からでもわかるほど、俺の体に密着してきたのです。

俺:「〇さんの奥さん、おっぱいめっちゃ柔らかいっすね!」

女性:「ウフフ、一応Fカップはあるのよ!垂れないように頑張ってるから、いっぱい揉んでほしいなあ!」

そう言われると、もう自分が連れてきたセフレのことは相手の男性に委ね、自分の快楽を楽しむ時間に意識を集中させます。

乳首はほんのりピンク色で、乳輪も小さく最高の美巨乳。

夫婦交換

Fカップってタプタプしているおっぱいのイメージがあったのですが、弾力がモチモチしていて手にフィットするのが素晴らしかったです!

おっぱいばかりに集中していると、女性は俺の衣服を脱がせつつ、自分も素っ裸になってキスを求めてきました。

あまり馴染みがないものの、1対1のセックスとは全く異なる雰囲気が、いつもとは違った興奮を誘ってくれました。

二人の女性が四つん這いに並び、男たちがバックから挿入。

たまにパートナーを交代させて再挿入すると、これまた気持ち良い感覚がチンポを締め付けます。

夫婦交換をした相手方も、やっぱり最愛のパートナーでフィニッシュがしたかったみたいで、ある程度まで刺激をしあってからは、2組のカップルがいつもセックスを展開。

俺たちがいても構うことなく、辱める言葉かけをしながら最後は中出しをしていました。

俺も中出しがしたかったのですが、セフレは危険日ということもあってお口に発射。

それにしても、出会い系には夫婦交換をはじめ色々なセックスの形があることに気づかされます。

「まだ自分の経験は若いな」と感じた一日でしたwww

出会い系ってホントに変態だらけですよね

そのぶん僕のような特殊な性癖持ってる人間はセックスの相手には困りません。

これも圧倒的な会員数を持つハッピメールならではですね