ハッピーメールの下関で会ったロリ系JDとの近親相姦プレイがヤバ過ぎた

僕にはずっと長い間付き合ってる彼女がいますが、秘密にしてる性癖が1つあります。

それが

近親相姦プレイ

昔からAVとかも近親相姦モノでオナニーしてたし、出会い系や風俗で遊ぶようになってからは近親相姦プレイにハマるようになった

最近は出会い系で会う子の方がリアルなプレイが出来るから、ハッピーメールで相手を探すことが多い

こなだいも出会い系ハッピーメールの下関エリアの掲示板を見てたらこんな子を発見

20歳のJD(女子大生)

ハッピーメールの下関で会ったロリ系JDとの近親相姦プレイがヤバ過ぎた

小柄で貧乳、かなりの幼い容姿で、見た目は中学生くらいにも見えるロリ系JD

これは父と娘の設定で近親相姦プレイをするにはうってつけだ!

どんな設定でプレイしようかな?

・中学生の娘に欲情した父親が娘を犯す
・娘のパンティーでオナニーしているところを見られ、そのまま強引に関係を持つ
・パパを誘惑してお小遣いをおねだりするエッチな娘と父のセックス

どれもたまりませんなあ

会えるかどうかもわからないのに先に妄想ばっかり膨らませてしまいましたww

他の男に持っていかれては困ると思って早速アポをとってみました。

実践者の98%が成功中のセフレの作り方

するとすぐに返事がありLINEを交換

彼女一人暮らしらしいのだが、どうやら金欠で困っているらしく、ご飯食べさせて欲しいと言われたので、早速今夜ご飯を食べに行こうということになった。

ま、当然ご飯だけではすみませんがね(笑)

とりあえずご飯に行きましたが、マックでいいだろ(超適当ww)このあとホテルでセックスしようと思ってたから、食事にお金かけてらんないし、JDならマックでいいやろ(笑)

かなり適当でしたけど、このJDそれでも大喜び!

あんまりいいもの食べてないのかよっぽど腹が減ってたのかw

まあこっちは彼女の体しか興味ないんで、ひたすら気分よくさせてたけど、早くヤリたくてしょうがなかった

食事中、わざとポテト落として彼女のスカートの中見たりもしちゃった

ご飯を食べるとすぐに店を出たよ。

車に乗ったところでホテルに誘ったらあっさりOKしてくれたので、調子に乗ってこんなお願いしてみた。

俺:「あのさぁ、俺、近親相姦プレイがやりたいんだけど、ダメ??」

彼女:「え?近親相姦って、親子でとかそんなやつ?」

俺:「そうそう、父と娘でヤリたいんだ」

彼女:「ふ~ん、どんなふうにしたいの?」

俺:「娘のパンティーでオナニーしてるところを見られた父親が、娘をその場で押し倒して犯すみたいな」

彼女:「おじさんマジな変態だね~ちょっと引いたわww」

俺:「いいじゃん、しようよ~」

彼女:「うんうん、わかったからww」

彼女に半ば呆れられながらも性欲には勝てず。

どう思われようが別に構わない。
とにかくしたかったからww

彼女にはセーラー服のコスプレを着てもらい洗面所で待機。パンティーだけは脱いでベッドのそばへおいておいてもらって、僕は父親役でパンティー使ってオナニー、しばらくすると彼女がやってきて、それを見られた父親がその場で娘を押し倒してレイプするという流れだ。

う~ゾクゾクするぜぃ(笑)

ちなみに娘の名前は「かよ」という設定にw

ではプレイスタート!

俺:「ハァ、ハァ、ハァ、かよ、かよぉ」

俺:「ハァ、ハァ、かよぉ、大好きだよ~パパのこと好き?ハァ、ハァ・・」

彼女:「ちょっと!お父さん何してんのよ!」

俺:「え!、ぁ、、ぁあ、これは、いや、ちがうんだ」

彼女:「それ私のパンティー、、うそでしょ?・・・マジ信じられないんだけど」

俺:「・・・」

黙り込み、しばらくして立ち上がると、下半身だけ裸でビンビンになったチンポを娘に向けながら、彼女の生足と胸のふくらみに視線を送る。

欲情でさらにチンポはビンビンに

彼女:「ちょっとズボンはいてよ!きもい!」

下半身を丸出しにしてチンポをビンビンにしたまま、彼女ににじりよる。

彼女:「え、ちょっと、なに、なによ」

俺:「かよ!」

!!!

娘に抱き着き、ベッドに押し倒す

彼女:「っ、いや!なにすんのよ!やめてよ」

俺:「ハァ、ハァ、いいじゃないか、お父さん、かよと前からこういうことしてみたかったんだ」

セーラー服の上からおっぱいを揉みしだく

彼女:「っ!ゃ!触んないで、、もうっ変態!!」

俺:「ハァ、ハァ、いいだろ」

服をたくしあげるとピンク色の可愛いブラジャー

俺:「へへ、、かよ、こんな女らしいブラジャーするようになったのか」

彼女:「うるさい変態!、ほんとやめてって」

ブラジャーをたくしあげておっぱいに吸い付く

彼女:「いやぁ!!」

俺:「んン、ㇵぁ、ハァ、ぁあ、かよのおっぱい美味しいよ」

彼女:「いゃっ!いやだ」

俺:「そんなに嫌がることないじゃないか、へへ、、親子なんだから、お父さんと仲良くしよう」

彼女:「っやめてよぉ、ぃゃ」

俺:「えへへ、かわいいぞかよ」
彼女:「っもういやぁ、もういいでしょやめてよ」

俺:「なに言ってるんだ。まだ仲良くしはじめたばっかりじゃないか」
俺:「これから、お父さんのこれをかよの中に挿れてあげるからね」

彼女:「!!」
彼女:「やぁ!」

!!!!

チンポの挿入をされまいと抵抗する彼女の顔を平手うちにした。

俺:「お父さんの言うことを聞くんだ」

彼女:「・・・」

俺:「へへ、いい子になったな」

ズブ!!

娘の体でビンビンにさせたチンポをおとなしくなった彼女の中に挿入

俺:「ぅ、ㇵぁ、、かよ、かよぉ、、お父さん気持ちいいよ」
彼女:「・・・」

彼女の膣内はめちゃくちゃ気持ちよかった

締りは最高!マン汁も水っぽくなくドロっとしてて、動くたびにチンポがとろけそうになる。

さすがはJD(女子大生)だ

俺:「ハァ、ハァ、気持ちいぃ、お父さんかよちゃんの中でチンチンとろけちゃいそうだよ」
俺:「ぃぃだろ?かよも気持ちぃぃだろ」

彼女:「・・・」

彼女は嫌そうな表情で顔をそむけて黙って犯されている。

本当に娘を犯しているお父さんになった気分だ。

そう思ったら一気に射精感が高まってきた。

俺:「ぁぁ、あ、でる、出る、出るよぉ」

!!!

俺:「ハァ・・ハァ・・、かよ、お父さん気持ちよかったよ」

彼女:「・・・もうしないで」

俺:「そうはいかないよ。せっかく親子の絆が深まったんだから、またお父さんとしよう」

彼女「!!」

ここで近親相姦プレイ終了

彼女:「よかった?私うまくできたかな」

俺:「すごくよかったよ。演技上手だねw」

彼女:「でもおじさん本当に変態なんだね。ちょっと引いたww」

俺:「ごめん嫌だった??」

彼女:「そんなことないよ楽しかった。でもおじさんみたいな本当の変態に会ったのはじめてだから(笑)」

俺:「そうか(笑)ならまたやらせてよ」

彼女:「いいよ、でもまたご飯食べさせて」

俺:「わかった。困ったらいつでもお父さんに連絡しておいで」

この日はこれでお開き。

ホテルをあとにして帰宅しましたが、その後もプレイの興奮が冷めず、彼女との近親相姦プレイを思い出して何度もオナニーしてしまいました。

これ以来、彼女とは近親相姦プレイパートナー

頻繁にあって近親相姦プレイを楽しんでいます

近親相姦プレイの相手を探すのにオススメの優良出会い系

ハッピーメール(18禁)
PCMAX(18禁)
イククル(18禁)
ワクワクメール(18禁)
ミントC!Jメール(18禁)