ハッピーメール経由で知り合ったセフレと小樽市で観光とH

札幌に行くことがあったときに、オフの時間を有効活用しようと思い立った僕は、次の日の観光を案内してくれるパートナーをハッピーメールから探しました。

昼食くらいはご馳走できますという控えめなアピールだったので、異性からの返事が来るとは思いもしませんでした。

小樽市在住という20代の女性は、観光地の案内までしてくれるという好意的なメッセージ。

その優しさにコロッと気持ちが向いてしまったのは言うまでもありません。

小樽市の駅前で待ち合わせをして、そのまま彼女の車に乗せてもらって市内を散策。

運河を眺めたり水族館に行ったりと、まるで彼氏・彼女のような時間を過ごしました。

でも、頭の中はホテルでのHのことでいっぱい。

そんな獣の部分は見せずに、彼女とランチのお寿司を済ませました。

お腹が満たされたところでセフレへホテルへの交渉。

当然ながらすんなりOKのお返事をもらいましたよwww

ホテルへ着いたら彼女はとても可愛くニャンニャンと甘えてきました。

彼女:「ねぇ、いつからHしたかった?」
僕:「会った時からムラムラきちゃったwww」
彼女:「私も、ねぇ、ここ触って・・・」
と、彼女の下着に手を偲ばせると、もうすでに大洪水の状態www

僕:「こんなに濡らして・・・Hだね♪」
と言いながら、彼女のアソコを指で弄びます。

彼女:「うぁ・・・指の動き・・・Hすぎるよぉ」
と彼女も僕の手淫に身悶え、どんどん中からトロトロの液が出てきます。

もう小樽市を観光したことなんて微塵も覚えていないくらい、僕の興奮がMAXに達したので、彼女の小さなお口でペニスを丁寧に舐めてもらい、ゴムも付けずに奥まで挿入を決め込みました。

あんなにトロトロだったアソコは、挿入するたびにヒダが絡みつく名器。

スルッと入るのに奥で締め付けられるという、まるでオナホールのような気持ち良さ。

彼女のアソコは男性にも好評なようで、これまでもセフレに褒められることが多かったみたい。

確かに、自分自身ではわからないでしょうが、入れた感想としては最高に気持ち良いという感想しかありません。

ハッピーメールでの印象とは違って、すっかり猫ちゃんのようになってしまった彼女。

ほんとに可愛くて、彼女にしたくなってしまうほど女子な感じです。

最後はお口にたっぷりと精子を注ぐと、綺麗に飲み干してくれる従順な一面もwww

こんなセフレに会えるなら、何度でも小樽市に来ちゃいますよね!

また北海道に来ることがあったら、ハッピーメールで連絡することを誓ってホテルを後にし、駅まで送ってもらいました。

小樽市ですぐ会えるセフレを出会い系で作る方法はコチラ